2018年04月03日

なぜ鹿子木式は銀行預金より安全で、不動産投資より稼ぐのか? 一週間でマスターFX入門

なぜ鹿子木式は銀行預金より安全で、不動産投資より稼ぐのか? 一週間でマスターFX入門


発売日: 2017年05月19日頃
著者/編集: 鹿子木健
出版社: 雷鳥社
発行形態: 単行本
ページ数: 368p

【内容情報】
どうやったら、オイシイところで、売ったり買ったりできるの?
それを見分ける方法があります。
それが「勝ちパターン」。
終値を基準にするから、利益を増やせる!

【目次】
第1日 知れば簡単。お金が儲かる仕組み
第2日 二つの大切なリテラシー
第3日 トレードの段取りを学ぼう
第4日 勝率平均60%の魔法のパターンとは?
第5日 リスクヘッジはこうやる
第6日 上手なお金の管理・運用法
第7日 トレードのシミュレーションをしてみよう

【著者情報】
鹿子木健(カナコギケン)
株式会社Kanakogi Ken代表取締役。
特定非営利活動法人教育政策ラボラトリファシリテーター(国・自治体・教育関連への支援・政策提言)。
1974年熊本県生まれ。
延辺大学文学部比較言語学科(中国)卒。
中国に12年間滞在。
2004年延辺科学技術大学教養学部で教鞭をとっていたがヘッドハンティングされ、赤字だった米資本学習塾の経営を立て直す。
2008年米資企業のウェストチャイナ法人代表取締役に就任

詳しくはこちら↓
posted by アグロック at 21:00| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月27日

テクニック無用! 1分でできる本格「FX」投資術

テクニック無用! 1分でできる本格「FX」投資術


発売日: 2018年02月22日
著者/編集: ボリ平
出版社: KADOKAWA
発行形態: 単行本
ページ数: 176p

本書は、トレーダー・ボリ平氏がFXをどのようにとらえ、実践してきたのかが書かれている。
著者の思いは、「トレードスキルをつけなくてもトレードがうまくなる」というノウハウを読者の皆さんと共有すること。
「FXはリスクが高そうだから……」と思う人がまだまだ多いかもしれない。
しかし、この本に書いてあるのはシンプルかつ堅実に成果を上げるためのトレード法。
むやみにリスクを冒す方法ではない。

本書でクローズアップしているツールは、今までFXにチャレンジしたことがない人でもすぐに使えるものだ。
詳しくは本書に譲るが、テクニック無用、時間もかからず誰もが気軽にチャレンジできるツールだ。
短い時間で効率よく稼げれば、その他の時間を「自分が本当にやりたい事」「理想のライフスタイル」のために使うことができるーー本書は、そのための本格FX投資入門だ。

【目次】
イントロ:みんなが儲かるシェア時代のFX投資とは?
第1章:FXを改めて学びたい人必見! 今どきのFX投資
第2章:知っておくべきFXの基本の注文方法
第3章:勝ち組トレーダーの投資スタイルとその傾向
第4章:勝つための仕掛けが完成している「オートレール」
第5章:取引結果も公開! ボリ平流「オートレール」のトレード法
第6章:今すぐ実践! オートレールの始め方
エピローグ

【著者情報】
ボリ平(ボリヘイ)
ネット株出身のFXトレーダー。
FX、バイナリーオプション、日経225先物、コモディティ、CFDや、ビットコイン等の仮想通貨も取り扱う。
ネットでの発信力が高い人気トレーダー

詳しくはこちら↓
posted by アグロック at 18:33| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

1日2回のチャートチェックで手堅く勝てる兼業FX

1日2回のチャートチェックで手堅く勝てる兼業FX

発売日: 2017年12月25日頃
著者/編集: 田向宏行
出版社: 自由国民社
発行形態: 単行本
ページ数: 175p

【内容情報】
相場の主流に従うチャート分析の習熟こそ着実に利益を出せる。
本業以外の副収入を増やしたい人に最適なFX取引法。

【目次】
1 
ファンダは捨てテクニカルだけで判断する
(ファンダメンタルズと決別するーFXの利益は技術の習得で決まる/現実は単純なファンダ通りには動かないー必要なのは世間話的な知識ではなく「技術」 ほか)

2 
ローソク足で売り手と買い手のバランスを見る
(目的をはっきりさせるー売り手と買い手の攻防はチャートに描かれる/勝つための手段を身に着けるー単純なテクニカルを繰り返し使う ほか)

3 
ダウ理論でトレンドの始まりと終わりを見つける
(適切な損切りと相場分析が可能になるー相場分析で最も重視すべき基本を知る/身に着ければずっと使えるー「長く使われている」手法は現在でも通用する ほか)

4 
移動平均線を使ってトレンドの中盤を明確にする
(目的は値動きの分析ー値動き分析を基本にテクニカルを追加する/利食いの目安としても使えるー取引すべき相場をわかりやすくする ほか)

5 
トレンドに入るタイミングがわかるディナポリ
(特殊な移動平均線DMA-コツをつかむと使いやすいディナポリ/トレンドに入るタイミングをつかむーダウ理論と同様にトレンド・フォロー向け ほか)

【著者情報】
田向宏行(タムカイヒロユキ) 50代。専業トレーダー。個人投資家(資産非公開)。
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間に投資を開始。
事業譲渡後は個人投資家。FXは2007年から取引を開始した。2009年ブログ虹色FXを開始(継続中)。
2010年月刊FX攻略.comでFXコラムの連載開始(継続中)。
2011年インヴァスト証券ディーラーズ・バトルで相場観を配信開始(継続中)。
2012年西原宏一メルマガで、ディナポリ・チャートを使った相場分析を担当(継続中)。
2016年11月テレビ東京ワールドビジネスサテライト出演。

詳しくはこちら↓
posted by アグロック at 21:00| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする